【2022年版】遮音性能の高いハウスメーカーランキング

ハウスメーカーランキング
この記事は約16分で読めます。

今回は【2022年】遮音性能の高いハウスメーカーランキングということで、遮音性能の高いハウスメーカーをランキング形式にしてお伝えしていこうと思います。

そもそも防音性能って二の次、三の次にされやすいですけど、実は注文住宅を建てる上で必ず検討しなければならない要素でもありますよね。

なぜなら、マンションなどの賃貸と比べると、一戸建ては音を通しやすい傾向にあります。

例えば木造住宅には『軸組工法』と『2X4(ツーバイフォー)工法』、大きく分けてこの2つの工法があります。

軸組工法とツーバイフォー工法の比較

そして、どのハウスメーカーもこの2つの工法を進化させて、それぞれ独自工法として家作りをしているわけなのですが、実は『2X4(ツーバイフォー)工法』と呼ばれている作り方をベースに家作りをすると、非常に強固な作りにできるというメリットがある反面、音が反響しやすいというデメリットが発生してくるのです。

これは『2X4(ツーバイフォー)工法』の構造上、壁や床が太鼓のように音を反響させやすい形になってしまうため仕方のないことではあるのですが、これを知った上でハウスメーカーを選ぶのと、知らないでハウスメーカーを選ぶのとでは、住み心地に大きな違いが出てきそうですよね。

もちろんハウスメーカー側もそういったデメリットがあるのは分かっているので様々な対策を施しています。

しているのですが!

それでも各社、防音性能に差があると言うのは事実なのです。

では、具体的にどこを見れば各メーカーの遮音性が分かるのかというと、それって実は断熱材の厚さになります。

断熱材のイメージ

どういうことかというと、例えばマスクしてる人と会話する場面を思い浮かべてみてください。

マスクをして話している男性

マスクをしている人との会話って聞こえにくいじゃないですか。あれは、声から発せられる音の振動をマスクが遮っているから聞こえにくいのです。 それと同じで、建物も断熱材を間に挟むことによって音の振動が遮られるのです。

断熱材のイメージ

だから遮音性が向上するのです。

そのため遮音性を気にするなら最優先で確認するべきは、断熱材の厚さになるわけです。

ということで、今回は【2022年版】遮音性能の高いハウスメーカーランキングについてお話ししていきます。

そしてそれと同時に断熱材の厚さについてもご紹介していきます。

このランキングは私のYouTubeチャンネルで実施したアンケートの投票数及びコメント欄の反応を元にして順位付けした結果となります。

言い換えれば、みんなが選んだ遮音性能の高いハウスメーカーランキングということになります。

総投票数3378票

投票してくださった皆さん、

本当にありがとうございます!

それではランキングを見ていきましょう!

第9位 スウェーデンハウス

第9位 スウェーデンハウス

スウェーデンハウスはスウェーデンの住宅を輸入して家づくりをしているハウスメーカーです。

スウェーデンハウスのイメージ

『輸入』って聞くと空輸で住宅を運んでくるの?とか思われる方が時々います。

ですのでもう少し詳しく説明すると、

「海外の設計思想による住宅を日本国内で建築する住宅」のこと、

これを輸入住宅と言います。

輸入住宅とは「海外の設計思想による住宅を日本国内で建築する住宅」

だから例えば、スウェーデンハウスではスウェーデンで良く使われているものの日本ではほとんど使われていない木製サッシを使って家づくりをしていたり、あとは北欧ならではの特徴的な外観の家を作っていたりするわけです。

では何故、スウェーデンにこだわるのかというと、スウェーデンは住宅先進国といわれているからです。

スウェーデンの街並み

この辺りの話を掘り下げると非常に面白いのですが・・・今回は割愛します。

とにかく、住宅先進国と呼ばれるスウェーデンの住宅を日本に広めるために活動しているハウスメーカーがスウェーデンハウスだということです。 では、そんなスウェーデンハウスの防音性能ですが、80dBの音を48dB程度まで下げることが出来る、とされています。

スウェーデンハウスの防音性能ですが、80dBの音を48dB程度まで下げることが出来る
出典:スウェーデンハウス公式HP

これは例えるのであれば、

地下鉄に乗って窓を開けた時に聞こえる音の大きさから

図書館の中の音くらいまで静かになるということなんです。 大分違いますよね。

80dBと48dBの違いイメージ
80dBと48dBの違いイメージ

それくらいスウェーデンハウスの遮音性は高いということなのですが、では何故そんなにも遮音性が高いのかというとポイントは断熱材です。

実はスェーデンハウスは木質パネル工法という作り方で作るので作り方的には『2X4(ツーバイフォー)工法』にかなり近い作り方です。

面で支えるモノボックス構造
出典:スウェーデンハウス公式HP

そのため元々、音が響きやすい作りではあるのですが、スウェーデンハウスではグラスウールという断熱材で家全体を包み込むようにして家を作るのです。

家全体を分厚い断熱材がぐるりと包み込む、魔法瓶のように高性能な断熱構造
出典:スウェーデンハウス公式HP

具体的にお伝えするなら、

  • 天井:グラスウール10k 300mm
  • 外壁:グラスウール24k 120mm
  • 床:グラスウール16k 200mm

となります。

天井:グラスウール10k 300mm
外壁:グラスウール24k 120mm
床:グラスウール16k 200mm

特徴としては1階と2階の間にも断熱材を設置しているということ、

そして構造躯体のつなぎ目にもグラスウールを入れているということ、

この2つかなと思います。

こうすることにより断熱性能を確保しつつ、断熱材が音の振動派を軽減してくれるのです。

更にスウェーデンハウスでは窓にトリプルサッシを採用しています。

出典:スウェーデンハウス公式HP

これはガラスの厚さが通常のガラスより1mm厚い、4mmのガラスが3枚あるサッシなので、こちらも高い断熱性能を維持しつつ、遮音性も確保してくれるのです。

こんな感じでスウェーデンハウスは、

  • 断熱材と窓

これらの特徴から80dBの音を48dB程度まで下げることが出来る遮音性を確保しています。

出典:スウェーデンハウス公式HP

展示場で体感してみると分かりますが、スウェーデンハウスの遮音性能は本当に高いですね。

個人的にはもっとランキング上位でも良いような気がするのですが。。。

今回は9位という結果でした。

第8位 住友林業

第8位 住友林業

住友林業は『木と生きる幸福』がキャッチコピーのメーカーです。

住友林業の施工イメージ
出典:住友林業公式HP

そのため色々な樹種のフローリングが使えたり、後はオシャレさを倍増させるためのアイテムがあったりと、とにかくデザイン重視の方にはお勧めの企業です。

住友林業の施工内部イメージ
出典:住友林業公式HP

そんな住友林業の遮音性能ですが

住友林業のメインの構法であるBF(ビックフレーム)構法の断熱材は

  • 天井:高性能グラスウール24k 220mm
  • 壁:高性能グラスウール24k 105mm

となります。

天井:高性能グラスウール24k 220mm
壁:高性能グラスウール24k 105mm

これにより70dbの音を35dBまで下げることが出来るとされているのです。

70dBから35dBの違い

これはセミの鳴き声が深夜の住宅街くらいまで静かになるということになります。

75dBから35dBの違いイメージ

また1階と2階の間には足音対策として標準で24kのグラスウールが50mmは入っているのですが、これをオプションで遮音60という仕様に変更が可能です。

三層床構造の説明
業界トップレベルの遮音性能「遮音60仕様」
出典:住友林業公式HP

更に室内と室内の間にもオプションでグラスウールを入れることができ、それによって室内から発生する音を30dBの軽減が可能となります。

家の内外で発生する騒音を極力低減し、快適な暮らしの環境を生み出します。
出典:住友林業公式HP

住友林業は以前に音楽家の方が私の紹介で家を建てたのですが、とても満足してくれてましたね。

特にバイオリンとかチェロって木で出来ているじゃないですか。

バイオリン

だから楽器に合わせて無垢床を選ぶと非常に綺麗に仕上がるのです。

遮音に対して力を入れつつ、木の風合いを感じることの内装にしたい!

という方は是非とも住友林業、検討してみるといいかもしれません!

第7位 三井ホーム

第7位 三井ホーム

三井ホームは洋風デザインの家が特徴のハウスメーカーです。

出典:三井ホーム公式HP

系統的にはスウェーデンハウスと同様に建物の外観の好き嫌いが人によってハッキリ分かれるハウスメーカーでもありますね。

そんな三井ホームの遮音性ですが

断熱材は

  • 壁:ロックウール140mm
  • 床:ビーズ式ポリスチレンフォーム80mm

となっていて、

壁:ロックウール140mm
床:ビーズ式ポリスチレンフォーム80mm

これにより80dBの音を35dB程度まで下げられるとしています。

国道沿いの騒音も住宅地の静けさに
出典:三井ホーム公式HP

これは例えるなら地下鉄に乗って窓を開けた時に聞こえる音の大きさから 夜の公園のような静けさにまで音を下げられる、ということになります。

80dBから35dBの違いイメージ

落差がすごいですよね。 また2階の床部分には制振バーやロックウールを入れることで足音が響かないように対策がされています。

固定衝撃音にも技術力で対応
出典:三井ホーム公式HP

更に室内壁の中にもロックウールや制振遮音材が入るので、部屋間の音も軽減してくれるのです。

生活音を約1/2に低減
出典:三井ホーム公式HP

ここまでの説明で三井ホームが遮音に対してかなり力を入れていることが分かるかと思います。

ではなんで、ここまで遮音に力を入れているのかというと、これはあくまで個人的な予想になるのですが、三井ホームの構造のベースが『2X4(ツーバイフォー)工法』だからなのではないかと思います。

プレミアム・モノコック工法

というのも、冒頭でも説明した通り、『2X4(ツーバイフォー)工法』の家は頑強な家を作ることができるというメリットがある反面、音が響きやすいというデメリットがあります。

これはGoogleで『2X4工法 音』とかで調べれば出てきますので、気になる方は調べてみてください。

そういった背景もあるので三井ホームでは、遮音対策にはかなりの力を入れているのではないかなと思います。

第6位 一条工務店

第6位 一条工務店

一条工務店は『家は性能』をキャッチコピーにしている会社です。

一条工務店施工イメージ
出典:一条工務店公式HP

そのため断熱性能に関してはとても力を入れているハウスメーカーになるわけなのですが、実は一条工務店は商品によって入っている断熱材が変わるのです。

具体的にお伝えすると

グラン・セゾン、セゾンF、セゾンA、百年、ブリアールは

  • 天井:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)145mm
  • 壁:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)120mm
  • 床:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)90mm

になります。

壁:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)120mm
床:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)90mm

次に断熱性能が良い

アイスマイル・アイスマイル プラスは

  • 天井:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)235mm
  • 壁:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)140mm
  • 床:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)140mm

になります。

天井:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)235mm
壁:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)140mm
床:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)140mm

そして更に断熱性能が良いアイキューブⅠは

  • 天井:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)235mm
  • 壁:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)190mm
  • 床:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)140mm

になります。

天井:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)235mm
壁:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)190mm
床:EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)140mm

そして更に更に断熱性能の良いアイスマート・アイキューブⅡ・グランスマートは

  • 天井:高性能硬質ウレタンフォーム235mm
  • 壁:内外W断熱、高性能硬質ウレタンフォーム 合計190mm
  • 床:高性能硬質ウレタンフォーム140mm

になります。

天井:高性能硬質ウレタンフォーム235mm
壁:内外W断熱、高性能硬質ウレタンフォーム 合計190mm
床:高性能硬質ウレタンフォーム140mm

こんな感じで商品ごとに4段階に分けて断熱性能のグレードアップがなされている感じなのですが、当然それに伴って遮音性能も若干違います。

ただ、一応一条工務店としては70dBの音を40dB程度まで軽減できるとしています。

音を入れない、漏らさない
出典:一条工務店公式HP

これは例えるなら幹線道路の騒音を深夜の郊外くらいの静けさまで遮音してくれるという数値になるのです。

70dBから40dBの違いイメージ
70dBから40dBの違いイメージ

また、一条工務店の窓は3枚ガラスなのでそれもあって更に遮音性が向上しているといった感じですね。

出典:一条工務店公式HP

ただし、一条工務店は発泡系の断熱材を使用しているため、音が反響しやすい、というデメリットが存在します。

ですので、外からの音は遮音できても中の音が響くので、なるべく吹き抜けを作らないなどの対策は必要かもしれません。

発泡系の断熱材を利用している一条工務店
出典:一条工務店公式HP

また、その他にも発泡系の断熱材のデメリットがあります。実は発泡系の断熱材は性能が良いとされているのですが、

その反面法律では『家の断熱性UA値を計算するときには、部分的な欠損は「みなし計算」にできるという記述があるのです。

つまり発砲系断熱材は配線や配管、また階段施工をするために断熱材をバッサリと切り欠いてもあるものとみなして計算できるということです。

そのため、法律に則った計算で出される断熱性の数値と、実際の性能に多少の乖離が出るのです。

これ知らない人が結構多いので雑学程度に覚えておいていただければと思います。

第5位 セキスイハイム

5位、セキスイハイム

セキスイハイムはあったかハイムのCMで有名なハウスメーカーですよね。

セキスイハイムの施工イメージ
出典:セキスイハイム公式HP

断熱材に関しては

  • 壁:高性能グラスウール 100mm16k
  • 天井:高性能グラスウール 200mm16k

とそこまで厚いわけではないのですが、

壁:高性能グラスウール 100mm16k
天井:高性能グラスウール 200mm16k

一応セキスイハイムでは70dBの音を30dB程度まで軽減できるとしています。

出典:セキスイハイム公式HP

これは幹線道路の騒音を鉛筆で文字を書く時に出る筆跡音くらいまで音を軽減してくれる、ということなのです。

70dBから30dBの比較イメージ

ただセキスイハイムって外壁が特別厚いわけでもないですし、正直これに関しては本当かどうか分からないです。

しかしその他の例えば、寝室間の間仕切り壁には石膏ボードが2重に貼ってあって更にその壁の中には40Kという高密度のグラスウールが入っています。

石膏材が二重貼りで遮音性が高い

あとはジョイント、ビーム、ダンパーと呼ばれる装置を二階の床につけて遮音性を高めていたりするのです。

業界トップクラスの床遮音「LAW-55」を標準仕様に
出典:セキスイハイム公式HP

この辺りを見る限り、室内から出る音に関してはかなり配慮している気がします。

床の遮音性、間仕切りや排水管の遮音性も高め、あらゆる生活音への対策をしています
出典:セキスイハイム公式HP

ですので、今まで説明したことを前提に考えると元々セキスイハイムって、ユニット工法と呼ばれる鉄の箱と鉄の箱を繋げて家を作るのです。

そのため広い土地で家を建てることが多いです。

価値ある住まいを支える独自のユニットテクノロジー
出典:セキスイハイム公式HP

広い土地ってことは必然的に田舎の方になるので、ある程度、周辺環境に配慮すれば外からの音って気にならないのではないかな思います。

だから外よりも室内の音対策に力を入れていて、今回のランキングも5位だったのではないかという予想です。

第4位 パナソニックホームズ

第4位 パナソニックホームズ

パナソニックホームズは有名なパナソニックのグループ企業になるわけなのですが、

出典:パナソニックホームズ公式HP

メインの構法であるHS構法の断熱材は

  • 屋根 ロックウール 210mm
  • 壁 ロックウール 105mm(ハイグレード仕様ロックウール160mm)
屋根 ロックウール 210mm
壁 ロックウール 105mm(ハイグレード仕様ロックウール160mm)

で70dBの音を20dBまで軽減。

もう一つのF構法の断熱材は

  • 屋根 ロックウール 200mm
  • 壁 ロックウール75mm+フェノールフォーム20mm

で70dBの音を30dBまで軽減してくれます。

屋根 ロックウール 200mm
壁 ロックウール75mm+フェノールフォーム20mm

これは幹線道路の騒音を木の葉が触れ合う音くらいまで軽減してくれるというレベルの遮音性能で実を言うと業界でトップクラスの性能なのですよね。

外壁からの遮音「多層構造の外壁」
出典:パナソニックホームズ公式HP

更に室内の部屋同士の音へも配慮されており、遮音間仕切り壁の中にはロックウール25mm入れることで、部屋同士の音は35dB軽減してくれます。

隣室からの音の侵入を抑える「遮音間仕切」
出典:パナソニックホームズ公式HP

更に更に、HS構法であれば2階の床のALCコンクリートが遮音性を高めてくれています。

気になる生活音を低減「遮音床」
出典:パナソニックホームズ公式HP

それでも足りないという方はオプションでQON-50という遮音複合システムを入れることも可能です。

実をいうと私は現在、パナソニックホームズが建てたマンションに住んでいます。

そしてそのマンションの仕様は戸建てとほぼ変わらないのですけど、本当に遮音性は高いです。

家の中にいると雨が降っていても気が付かないことも多々ありますからね。

今回4位でしたけど、妥当な順位かなと思います。

第3位 ダイワハウス

第3位 ダイワハウス

これ以降の順位はどのメーカーも壁厚が厚いです。

だから『そりゃ遮音性も高いよね』ってなるのですが、実際に見ていきましょう!

ダイワハウスはダイワマンや松坂桃李をCMで起用していることで有名なハウスメーカーですが、 80dBの音を30dBにまで低減できるとしています。

ですので、今までランキングに出てきたどのメーカーよりも遮音性能は高いことになります。

それもそのはずで、ダイワハウスって壁の中に断熱材がギチギチに詰まっているのです。

具体的に見ていくとダイワハウスの断熱グレードが3段階存在します。

先ず1段階目がスタンダードV断熱仕様と呼ばれるもので

  • 天井:高性能グラスウール14k 100mm
  • 壁:グラスウールボード100k 12mm+高性能グラスウール14K 120mm 合計132mm
  • 床:高性能グラスウール:67mm

になります。

天井:高性能グラスウール14k 100mm
壁:グラスウールボード100k 12mm+高性能グラスウール14K 120mm 合計132mm
床:高性能グラスウール:67mm

そして2段階目がハイクラスV断熱仕様

天井:高性能グラスウール14k 100mm+高性能グラスウール16K 100mm 合計200mm
壁:グラスウールボード100k 12mm+高性能グラスウール14K 120mm 合計132mm
床:高性能グラスウール:67mm

こちらは

  • 天井:高性能グラスウール14k 100mm+高性能グラスウール16K 100mm 合計200mm
  • 壁:グラスウールボード100k 12mm+高性能グラスウール14K 120mm 合計132mm
  • 床:高性能グラスウール:67mm

となります。

要はスタンダードV断熱仕様と比較して屋根の断熱材が強化されているのです。

そして3段階目がエクストラV断熱仕様、これは今できる最大限の断熱仕様をてんこ盛りにしたような仕様で

  • 天井:天井:セルロースファイバー25k 300mm
  • 壁:グラスウールボード100k 12mm+高性能グラスウール14K 172mm 合計184mm
  • 床:硬質ウレタンフォーム 60mm

になります。

天井:天井:セルロースファイバー25k 300mm
壁:グラスウールボード100k 12mm+高性能グラスウール14K 172mm 合計184mm
床:硬質ウレタンフォーム 60mm

断面を見てもらえればわかると思いますが、『そりゃ遮音性も高いわ』ってなりますよね。

出典:ダイワハウス公式HP

特に3段階目がエクストラV断熱仕様にしたら、50dB以上音を軽減できそうな気がします。

今まで色んなランキングを作ってきましたが、実はダイワハウスって最強なのではないかなと思いますね。

第2位 積水ハウス

第2位 積水ハウス

積水ハウスは、

鉄骨造だと

  • 屋根、高性能グラスウール16k(200mm)
  • 壁、高性能グラスウール16k(100mm)
  • 床、ポリスチレンフォーム(80mm)
屋根、高性能グラスウール16k(200mm)
壁、高性能グラスウール16k(100mm)
床、ポリスチレンフォーム(80mm)

木造だと、

  • 屋根、高性能グラスウール16k(200mm)
  • 壁、高性能ロックウール16k(100mm)
  • 床、ポリスチレンフォーム(80mm)
屋根、高性能グラスウール16k(200mm)
壁、高性能ロックウール16k(100mm)
床、ポリスチレンフォーム(80mm)

これが標準の断熱材の厚さになるのです。

ですので、これだけ見るとそこまで遮音性は普通のように思えるのですが、積水ハウスにはダインコンクリートがあるのです。

ダインコンクリート
出典:積水ハウス公式HP

ダインコンクリートは鉄骨造の家のみで使える外壁なのですが、これが厚さ60mmもあるのです。

一般的に使われるサイディングと呼ばれる外壁の厚さ15mm程度ですから、

4倍も厚いのです。

それもあって積水の鉄骨の建物は遮音性が非常に高いものになっています。

積水ハウス施工イメージ
出典:積水ハウス公式HP

実際に家の中にいるといつ雨が降り出したのか、分からない時がありますからね。 ただし一方で木造の遮音性能は作り方的に普通レベルです。

積水ハウス施工イメージ内部
出典:積水ハウス公式HP

ですので、遮音性能を気にするのであれば鉄骨を選んだほうが良いかもしれません。

第1位 ヘーベルハウス

第1位 ヘーベルハウス

やっぱりヘーベルハウスが1位でした。

出典:ヘーベルハウス公式HP

ヘーベルハウスが使っている外壁は、ヘーベル板と呼ばれる建材です。

ヘーベル板は通称:軽量気泡コンクリートと言われ内部に微細な気泡を内包しているのです。

ヘーベル板
出典:ヘーベルハウス公式HP

そしてその微細な気泡が音を吸収するため高い遮音効果を発揮してくれるわけです。

微細な気泡が音を吸収する

更に断熱材も、軽量鉄骨の場合も重量鉄骨の場合も

  • 壁:ネオマフォーム45mm(柱周り20mm)+ヘーベル75mm
  • 床:ポリスチレンフォーム60mm+ヘーベル100mm
壁:ネオマフォーム45mm(柱周り20mm)+ヘーベル75mm
床:ポリスチレンフォーム60mm+ヘーベル100mm

が入っています。

これだけ壁が厚ければそれは遮音性能も高くて当然ですよね。

私の体感としては

  • ダイワハウス
  • 積水ハウス
  • ヘーベルハウス

この3つのメーカーであれば、さほど遮音性能に差はないと思っています。

ただしヘーベルハウス特有の外観や地震に対する強さを勘案してハウスメーカーを決める場合は、ヘーベルハウスをメインで検討してみても良いかもしれません。

ヘーベルハウス施工イメージ
出典:ヘーベルハウス公式HP

遮音性能の高いハウスメーカーランキングまとめ

ということで今回は【2022年】遮音性能の高いハウスメーカーランキングということで、遮音性能の高いハウスメーカーをランキング形式にしてお伝えしました。

まとめると

第9位スウェーデンハウス
第8位住友林業
第7位三井ホーム
第6位一条工務店
第5位セキスイハイム
第4位パナソニックホームズ
第3位ダイワハウス
第2位積水ハウス
第1位ヘーベルハウス

以上になります。

注文住宅の購入を検討したいという方は、わたくし、まかろにおが提供している注文住宅オンライン相談サービス「メグリエ」で優秀営業担当を無料でご紹介しています。是非、無料会員登録の上で地域の優秀営業担当を探してみてください。

注目の記事

ハウスメーカーランキング

【2022年版】断熱性能が高いと思うハウスメーカーランキング

このランキングは私のYouTubeチャンネルで実施したアンケート総投票数4223票の投票数及びコメント欄の反応を元にして順位づけした結果となります。言うなれば、みんなが選んだ断熱性能が高いハウスメーカーランキングということになります。
937 views
ハウスメーカーランキング

【2022年版】大手ハウスメーカー 坪単価ランキング

去年一年間で集めた各ハウスメーカーの資金計画書、合計2113枚の中から値引き後の建物本体価格と建物の坪数、これを割って坪単価を算出し、中央値を出しました。あくまで参考程度にしかなりませんが、それでもネットに掲載されているどこの情報よりも正確な情報になってくるとは思います。
776 views
ハウスメーカーランキング

【2022年版】遮音性能の高いハウスメーカーランキング

今回は【2022年】遮音性能の高いハウスメーカーランキングということで、遮音性能の高いハウスメーカーをランキング形式にしてお伝えしていこうと思います。遮音性を気にするなら最優先で確認するべきは、断熱材の厚さになるわけなので、ランキングと共に各社の断熱材についても紹介していきます。
694 views
ハウスメーカーランキング

【2022年版】地震に強いハウスメーカーランキング

今回は【2022年版】地震に強いハウスメーカーランキングを発表します。このランキングは私のYouTubeチャンネルで実施したアンケートの投票数及びコメント欄の反応を元にして順位付した結果となります。いうなれば、みんなが選んだ地震に強いハウスメーカーランキングということになります。総投票数2835票から選ばれたTOP10のハウスメーカーとは。
542 views
【2022年版】ハウスメーカー徹底解説

積水ハウスの特徴を徹底解説【2022年版】

これから積水ハウスで注文住宅を検討されている方に住宅系YouTuberのまかろにおが【2022年版】積水ハウスの特徴を徹底的に解説します。軽量鉄骨ダイナミックフレーム・システム、重量鉄骨フレキシブルβシステム、木造シャーウッド構法という代表的な3つの商品ラインナップの特徴詳細を解説します。最後にその他の特徴と積水ハウスに関するよくある質問についても取り上げます。
489 views
ハウスメーカーランキング

【2022年版】デザイン性の高いハウスメーカーランキング

今回は【2022年版】デザイン性の高いハウスメーカーランキングということで、デザイン性の高いハウスメーカーをランキング形式にしてお伝えしていきます。私のYouTubeチャンネルで実施したアンケートの投票数(3608票)及びコメント欄の反応を元にした順位付けした結果となります。いわば、みんなが選んだデザイン性の高いハウスメーカーランキングということになります。
385 views